チーズはどうやって作るの? その2

チーズの製造工程

今回は、実際のチーズ作りをみてみましょう。といっても、チーズにはいろいろなタイプがありますから、一般的なご説明になります。 まず、原料となるのはミルクを30~35℃くらいまで温めます。こうすることによって、その後の作業がしやすくなります。このミルクに乳酸菌を加え、さらに凝乳酵素(レンネット)を入れます。そうすると…。あら不思議。ミルクは杏仁豆腐のようにプルルンとした感じに固まります。

さらに、固まったミルクをピアノ線などでカットすると、そこから水分が流れ出ます。専門用語でいうと、ミルクが固まったものをカード(凝乳)、水分をホエー(乳青)といい、「カードをカッティングしてホエーを排出する」という工程になります。

ホエーがある程度出たら、カードを型に詰めます。さらにカードに重しをしてさらにホエーを取り除きます。型が整ったら、塩水に漬け込みます(小さいチーズの場合は、塩を直接刷り込みます)。そして、熟成すればできあがり!

ご家庭でできる簡単なチーズ作り

手作りチーズを自分も作ってみた~い!という方もいらっしゃるでしょう。そこで、ご家庭でできる簡単なチーズ作りをご紹介しましょう。

  • 【材料】
     牛乳 ──── 500 ml
     レモン汁 ──── 1/2 個分
     塩 ───── ひとつまみ
  • 【1】鍋に牛乳とレモン汁、塩を入れて火にかけます。
  • 【2】沸騰しないよう中弱火で温めます。次第に牛乳が固まってきます。
  • 【3】固まりをざるにあげ、自然に水気を切り、冷ましてできあがり!

簡単そうでしょ!

レンネットも使わないし、熟成もさせないフレッシュタイプのチーズですので、ハードタイプ等の作り方とは少々異なりますが、「ミルクを固めて、水分を除いたものがチーズ」ですから、これも正真正銘のチーズです。
ミルクのほんのりとした甘さがおいしいので、ハチミツやジャムを添えて召し上がってください。また、牛乳に生クリームを少々加えると風味が増してさらにおいしくなりますよ。

ぜひ、お試しあれ。

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ