現地でしか食べられない「究極のリコッタ」

リコッタとは?

砂糖やジャムをかけて食べたり、料理やお菓子つくりにも重宝するフレッシュチーズの代表が、イタリアのリコッタチーズです。真っ白な色とふわふわとした食感、ほんのり甘~い風味がおいしいですよね。
実はこのチーズ、ミルクからチーズを作ったときに出るホエー(乳清)から作られたチーズなのです。普通なら捨てられてしまうホエーを利用して、ひとつのミルクから2種類のチーズを作ってしまう、なんて経済的なんでしょう!

リコッタチーズの作り方は簡単です。通常のチーズを作る過程で排出されるホエーを沸騰させると、ホエーの中に溶け込んでいる水溶性のたんぱく質が熱で固まります。フワフワという感じで、まるでおぼろ豆腐状態です。このフワフワをざるですくい上げて、少し水を切ったものがリコッタチーズです。ホエーだけで作ると味わいが淡白なので、新たなミルクや生クリームを加えて、味わいにコクを出したりもします。

牛乳以外のリコッタもあります

イタリア語でコッタ(cotta)とは「煮る」の意味。リコッタで「再び煮る」という意味になります。最初にチーズを作る段階でミルクを加熱し、さらにホエーを加熱するので、この名がつきました。ホエーにはミルクの甘みである乳糖が多く含まれているので、ほんのり甘~い味わいです。

使うミルクは特に決まっていません。残り物のホエーから作るので、山羊乳のチーズを作っている農家なら山羊乳のリコッタ、羊乳のチーズを作っている農家なら羊乳のリコッタを作るという具合です。しかし、日本で市販されているのは、牛乳製がほとんど。山羊乳や羊乳のリコッタにはお目にかかれません。しかし、リコッタの本場・イタリア南部では、水牛製のリコッタや羊乳のリコッタなどがローマを中心に各地の朝市で売られています。できたてほかほかのリコッタは現地でしか味わえない格別の味!

水牛乳製のリコッタはとってもミルキーで、羊乳製は独特の甘みがあります。残念ながら保存がきかないので日本には輸入されていない「究極のリコッタ」です。幸運にもイタリアを訪れる機会がありましたら、ぜひ、とびきりフレッシュな「できたてリコッタ体験」をしてみてください。

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ