チーズをカットするときに注意することは?

基本は「均等」!

いざ、チーズを食べようとしたとき、「どうやって切ったらいいんだっけ?」と首を傾げたことありませんか?でも、チーズの切り方について難しく考えることはありません。チーズはおいしく食べればいいんだから、堅苦しい決まりなんてないんです。…とはいっても、切り方ひとつでおいしさが左右されることもあるのも事実。ということで、チーズをさらにおいしく食べるためのカット方法をお教えしましょう。

基本は「均等な条件になるように切ること」。これが、最後までチーズをおいしく食べるための秘訣であって、これさえ守れば、皮の部分ばっかり残ったりすることもありません。

  • 皮と中身が、どのカットも同じになるように切る。
  • 熟成の状態が、どのカットも同じになるように切る。

白かびチーズやウォッシュチーズなど、やわらかいチーズは放射線状に切れば間違いありません。

ハードタイプなど硬めのチーズは放射線状には切らず、皮の面を気にしながら端から切っていきましょう。皮のある面が1~2面になればOKです。皮が無い硬めのチーズなら端から好きなように切ればよいです。

チーズのタイプを意識しましょう

ちょっと切りにくいのが青かびチーズ。とくにロックフォールやスティルトンのような塩味の強い青かびチーズは、大きなカットに切ってしまうと塩辛くて食べ切れません。小さめに切るのがおいしく食べるコツです。また、青かびチーズは、青かびが中に入っているために、切るとポロポロと崩れやすいのが特徴です。

切り口が崩れてしまっても問題はないのですが、青かびのきれいなカット面を見せたい、崩れないように切りたい、という場合は、ナイフをお湯で少し温めてから切りましょう。美しい切り口に切れること、間違いなしです。

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ