「青カビは空気が大好き!」

くすんだ色は悪い色?

今日は青カビチーズについてのお話をしましょう。

青カビチーズって、切り売りのお店以外は、パックに入っていたり、ラップで包まれて売られていますよね。この時のカビの色を、よ~く見てみてください。青カビといいながら、ちょっと灰色がかった、くすんだ色をしていませんか?

「これって、カビの状態がよくないんですか?」と聞かれる方もよくいらっしゃいます。

実は、青カビは空気が大好き。パックに入っていたり、ラップで包まれていると窒息状態になり、活動が止まってしまうのです。ですので、色もだんだんとくすんできてしまうというというわけなのです。

でも、青カビは死んでしまったわけではないのでご安心を。ラップをはずして、30分以上、空気に触れさせておくと、だんだんと色が青々としてきて、青カビが活性化してきます。そうすると、味わいもさらに美味しくなりますよ!

ブルーチーズからはホエーが出ます

また、パックをあけたとき、青カビチーズから水分が出ていることってありませんか?

この正体はホエー(乳清)です。青カビは熟成しているうちにホエー(乳清)が出てくるので、それがパックの中に溜まるのです。ホエーはミルクの成分のひとつなので身体に害はありません。
ただ、ホエーがパックの中にたくさんあると、パックの中が蒸れてしまい、雑菌が付きやすくなったり、チーズが傷みやすくなるので、ホエーはこまめにキッチンペーパーなどで吸い取ってあげると青カビチーズも長持ちします。

青カビチーズの特性を知って、上手に付き合って楽しみましょう。

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ