妊娠中はチーズの選び方に気を配ろう!

今回は、あまり広く知られてはいませんが、大切なことをお伝えします。

現在「妊娠をしている方」は、食べるチーズは種類を選んでください。

ただし、決して“チーズが身体に悪い”訳ではないので、くれぐれもお間違えなく。チーズ自体はたんぱく質やビタミン、カルシウムなどがバランス含まれている優良食品です。

しかし、妊婦の方には、白カビチーズや青カビチーズ、ウオッシュチーズはオススメできません!

リステリア症を予防するために

怖いのはリステリア菌なのです。リステリア症という感染症を引き起こすこの菌は、土や水の中に見られます。自然界に広く分布するため接触を回避することは難しいのです。

しかし、チーズを作る際には、きちんと乳質検査をしたり品質検査をしているので、通常はリステリア菌におかされたチーズは出回らないようになっています。ただ、過去の例もみても、リステリア菌が検出されたチーズがいくつかあり、可能性はゼロとはいえません。しかし例えそんなことがあったとしても、健康な人ならリステリア症になる可能性はたいへん低く、それほど心配する必要もないのですが…。

しかし、これが、妊婦だと違います!健康な成人より20倍もリステリア症になりやすく、胎児への影響は深刻です。ですから、リステリア症にならないために、妊娠中は白カビチーズや青カビチーズ、ウオッシュチーズなどは避けた方が良いでしょう。プロセスチーズやクリームチーズ、カッテージチーズやヨーグルトは、全く問題ありません。安全ですので、どんどん食べて栄養補給をしてくださいね。

チーズが大好きなフランス人でさえ、妊娠中は控えています。

ハードチーズについては微妙なのですが、「2001年12月に日本に輸入されたリンドレスゴーダチーズからリステリアが検出されたことがあるので避けた方が無難」との意見もあります。 ちなみに、チーズが大好きなフランス人でさえ、妊娠中はチーズを口にしません。これはフランスでの常識です。

日本では、チーズ関連の本などを見ても、妊娠中にチーズを食べることについて注意を促す記述がありません。しかし、ナチュラルチーズが普及し、白カビチーズなどを当たり前のように食べるようになってきた今だからこそ、あえてお伝えしたく、今回はこのような内容になりました。

妊娠中の方は、今は少々我慢して、お子さんが生まれたら、また、いろんなチーズを楽しんでくださいね!

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ