チーズはなぜ高い?

輸入チーズは高い?

ナチュラルチーズの中でも、フランスやイタリアのチーズは 「値段が高い!」 という点が気になるという方、結構多いのではないでしょうか?

100gあたり600円ぐらいするものもザラですから、やはりお安くはありませんよね。それを “お肉” に当てはめて考えてみるとどうでしょう? ステーキ用の牛肉が買えてしまう値段ですから、やはり 「高い食品」 という実感がわくのではないのでしょうか?

チーズには高い関税がかかります

でも、フランスに行ってチーズ売り場を見てみると、とってもお手頃な価格でAOP(AOC)のカマンベールが販売されているのです。しかし、日本に来ると、実に3倍近い値段になっているのです。

「それじゃ、チーズ屋さんって儲かるんだなぁ」と感心された方、実はそうではないのですよ。

輸入品には通常、関税がかけられますが、チーズには特に高い関税(29.8%)がかけられています。さらにこの関税は、商品の価格だけではなくて、商品の価格に輸送費や保険代を加えたものにかけられるので、輸送費が多くかかれば、その分、関税も高くなってしまいます。

チーズの輸送には、船便と空輸便がありますが、カマンベールのようなやわらかいチーズは、船で一ヶ月もかけて運んでいては食べ頃を過ぎてしますので、空輸するしかありません。でも、この飛行機代が高いことは、皆さん、ご存知だと思います。その高い飛行機代にも29.8%もの関税がかけられますから、チーズの価格はどんどん高くなってしまうのです。

国内生産を保護する目的もあるのです..

チーズに対する関税が高いのは、国内のミルクや生クリーム、バターなど、乳製品業界を保護するためです。日本では、乳は過剰生産気味なので、そこに海外から安価な乳製品が入ってきてしまうと、日本の乳製品業界に影響があるから、というのが理由です。

しかし、ナチュラルチーズに関しては、日本国内で消費されている国産のナチュラルチーズは全体の1割程度(9割は輸入品)とまだまだ小規模。ですので、チーズに関しては、高い関税が国内産業の保護につながるのかはわからないな、とも考えてしまうのですが…。

まあ、関税をめぐる政策には、いろいろな意見があると思いますのでさておきまして、輸入のナチュラルチーズの値段が高いことにはこんな理由があったのです。

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ