イタリアチーズの“DOP”について

フランスのAOP同様の制度がイタリアにもあります

フランスには「AOP(AOC)(原産地呼称統制法)」という、伝統的な食品を保護する制度があります。その食品の産地や作り方などこまかい規定があり、それをクリアして認定されたものにはAOP(AOC)のマークがつけられるのです。チーズでいえば、現在42種類が認定(2003年8月現在)されています。

では、他の国ではどうかというと、イタリアやスペインなどEU加盟国には同様の制度が実施されています。今回はイタリアの制度を見ていきましょう。

イタリアで原産地呼称法は「DOP」と呼ばれています。その正式名称は「Denominazione D'Origine Protetta」。その頭文字をとってDOPです。チーズでは2011年現在42種類が認定されています。

DOPの多くを占めるのがハードやセミハードチーズです

イタリアDOPで認定されているチーズの多くはハード系のチーズなんです。つまり、イタリアチーズは硬めのチーズが伝統的で、白カビや青カビはとっても少ないっていうことが分かりますね。

一番生産量が多いのが『グラナ・パダーノ』、続いて『パルミジャーノ・レッジャーノ』です。グラナ・パダーノというのはパルミジャーノに良く似たチーズなので、硬くて旨みの強いチーズがイタリアの方には好まれてきたのでしょう。ちなみにフランスでの生産量1位はハードチーズの『コンテ』、2位は青カビチーズの『ロックフォ-ル』ですから、やはりお国によって好まれるチーズも随分と違うものです。

さて、イタリアのDOPチーズは地元で消費されてしまうものも多いので、ある程度決まったものしか輸入されていません。グラナ・パダーノやパルミジャーノ、ゴルゴンゾーラ、モッツァレラあたりが有名どころで手に入りやすいDOPチーズといえますので、ぜひお試しください。

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ