【お知らせ(1)】台風19号の影響による荷物のお届けについて。詳しくはこちらへ【お知らせ(2)】消費税法改正に伴う当店の対応について。詳細はこちらへ
『【ロング クローソン デイリー】 ブルー・スティルトン・ジャー (無料ラッピング付き) 約100g』
商品コード : 7224 ~ 7226

ロング クローソン デイリー

【ロング クローソン デイリー】 ブルー・スティルトン・ジャー (無料ラッピング付き) 約100g

人気お取り寄せ! 陶器の可愛いポットに、ロイヤルファミリーも愛する青カビチーズがたっぷり!
通常価格:¥3,200~ ¥9,600 税抜
¥3,200 ~ ¥8,830 税抜
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • ラッピング
原産国/ 乳種/ タイプ/ 原材料/ アレルゲンはこちら
¥3,200*
購入可
¥6,400
¥6,080*
5% OFF
残り5点
¥9,600
¥8,830*
8% OFF
残り5点
  • ※軽減税率(8%)対象品目は単価右横に「*」印を表示しています。
  • 出荷日:
  • 販売期限:
    2019年11月27日(水) 09時30分まで
カートに追加しました。
カートへ進む
シェアする >
Fb
Tw
Line
必ずお読みください。
  • チーズのうえにかぶせてある蝋は食べられません。30分程室温に戻しておくと蝋が緩み、外しやすくなります。
  • 現在取扱いのものは、透明フィルムにデザインがプリントされていますので、透明フィルムを外すと無地のジャーになります。あらかじめご了承ください。
  • メーカーの都合により、各種デザインが変更される可能性がございます。
  • この商品は冷凍便と同梱できません。
ジャーのデザイン変更について

青カビチーズの「スティルトン」がオシャレなポットにたっぷりと詰まった、とっても可愛いらしい『ブルー・スティルトン・ジャー』の<再入荷>が決定いたしました♪

イギリス生まれの上品な味わいのブルーチーズ「スティルトン」は、"世界三大ブルーチーズ"の一つとしても知られています。

そんな極上チーズを、白い陶器製のポットの中にたっぷりと詰めてあるんです。
このポットは、いろんな用途に"使い回し"ができるという点も人気の秘密です。

『ブルー・スティルトン・ジャー』

もちろん、見た目がいいだけではなく、品質も極上です。

"イギリス王室 御用達"という正統派ですから、王室が認めたイギリス最高のブルーチーズだといえるでしょう♪

なお、今回の入荷分は、すべて 【無料ラッピング付き】でお届けしますので、ご自宅用にお買い求めいただくのはもちろん、ちょっとしたギフトにも最適です!

イメージ

※ジャーやラッピングデザインは変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

ここからは、私“四方@店長”から、直接イギリスで出会った【ロング・クローソン・デイリー社】の『スティルトン・ジャー』についてご紹介させていただきます。

今回は出来るだけテンポ良く、手短にご説明してまいりますので、どうぞ最後までお付き合いください(笑)

この『スティルトン・ジャー』というチーズについて、私は、自分自身で生産地を訪問し、生産者と話し合い、自分の舌で味わいを確かめてまいりましたので、皆さまにご紹介するに相応しいスティルトンであることに自信を持っています。

やはり、日本にいるだけでは見えないものも、現地の土を踏むことで、五感から染み込んできますからね。

今回の出張の際は、めでたく"創業100周年"を迎えた、という【ロング・クローソン・デイリー社】から、会社や商品へのこだわりをじっくりと聴いてきました。

【ロング・クローソン・デイリー社】とは?
1911年に12の酪農家たちが集まって創業以来、伝統的なスティルトン造りを守り続けている老舗メーカーです。
【ロング・クローソン・デイリー社】の歴史
現在では【ロング・クローソン・デイリー社】のチーズは、世界36ヶ国で毎年「約6,700トン」が食されています。

このように、【ロング・クローソン・デイリー社】のチーズは、イギリスのロイヤルファミリーにも愛される逸品です。

そして、同社の人気チーズなのが、創業以来、100年間も受け継ぎ、守り続けてきた製法で造り続けている、極上の『スティルトン』です!

青カビチーズ「スティルトン」がたっぷり詰まった、可愛らしい"ポット入り"の『ブルー・スティルトン・ジャー』!

そもそも、世の中にはたくさんの「青カビチーズ」がありますが、それぞれ本当に個性豊かです。

是非一度、カビの色や入り方の違いに注目してみてください。

大きな穴があいているもの、カビが細かく入っているもの、カビの色の濃いもの、明るいもの…などなど、種類によって少しずつ違いがあるのです。

その中でも有名なのはこちらの【世界三大青カビチーズ】と呼ばれる3種類の青カビチーズでしょう。


世界三大青カビチーズは、それぞれ、こんな特徴を持っていて、見た目も味わいも風味も全く違うから不思議ですよね。

今回の主役は、世界三大青カビチーズの一つである、紳士の国イギリスからやってきた「ブルー・スティルトン」です!

ロイヤルファミリーにも愛されている<スティルトン>

これほどまで広く愛されるスティルトン。
その味わいは、口に入れた瞬間、ナッツのような芳香がいっぱいに広がり、飲み込んだ後にもまったりとした質感がほんのりと残るのが特徴です。

舌触りもとてもクリーミーで、その中から青カビにしてはやさしく、そして柔らかな刺激が感じられます!

マイルドで穏やかな味わいと、角の取れた刺激が合わさることで、数ある青カビチーズの中でも"食べやすいタイプ"になっていると言えるでしょう。

さすがはイギリスの名品だけあって、その味わいまで"紳士的"なんですよね(笑)

当店のお客様からもスティルトンに対するお声をいただいておりますので、いくつかご紹介いたしますね。

お客様からの声

『スティルトン』

リピート!「Myko さん」より
もともと青カビチーズは好きですが、特にスティルトンの塩気が強くなくてそれだけでつまみとして食べれるところが好きです。手をかけて、何かとあわせて食べるともっと楽しめるとも思うのですが、そのままでの十分なおいしさと、かなりの面倒くさがりの私なので、 そのままつまんでいます。

いろんなチーズに挑戦したいのですが、スティルトンは、無くなると、またすぐに食べたくなるチーズの一つですね!
お客様からの声

『スティルトン』

ビールとも合います。「チーズ大好き さん」より
今日、初めて食べました。スティルトンをパクパク、ビールをゴクゴク。
この調子じゃああっという間になくなりそうです。うまい!
お客様からの声

『スティルトン』

最高の気品「ダリ&マックス さん」より
初めて食べた青カビチーズがこれ。
スティルトンがきっかけで、すっかり青カビチーズにハマってしまいました(笑)。
チーズをお料理に利用されるのではなく、そのまま食したい方に是非お奨めです。このとても上品にバランスのとれた味と、ねっとりとした食感が最高です。
3大青カビチーズの中では、もっとも刺激がすくなくて食べやすいと思いますよ。青カビ好きではない友人も、スティルトンの魅力にとりつかれています(笑)。

お声をくださった皆さま、ありがとうございます!

青カビチーズ特有の塩気が苦手な方もいらっしゃると思いますが、このスティルトンはまろやかさが大きな魅力で、多くの人々から愛されています。

青カビチーズは、お料理に使うことも多いものですが、スティルトンはお料理用ではなく、そのままお召し上がりいただいている方が多いのも納得ですね。

本場イギリスでは、プレゼント用として選ばれることも多く、イベント時期になると注文数も増えるのだとか。 大切な人へ贈られているのも、このチーズが愛されていることの表れでしょう。

もちろん、見た目の可愛らしさだけで選ばれているのではなく、ちゃんとおいしさが認められているからこそ。有名なチーズだからこそ、厳しい規定をクリアしなければ生産できないと定められているのです。

しかも、生産できる地域とは、ダービーシャー、レスターシャー、ノッティンガムシャーと、世界中でたったの3地域のみ!

その中でも、スティルトンの生産工場は"6ヶ所のみ"というのですから、どれだけ希少なものなのかがお分かりいただけることでしょう。

今回訪れた【ロング・クローソン・デイリー社】の工場は、その希少な"6分の1"に当たります。生産者の方々のお話を伺ってきましたので、ご紹介しておきましょう。

100年の歴史を誇る【ロング・クローソン・デイリー社】

イギリスはノッティンガムシャー東部に位置する、創業百年を越える老舗企業【ロング・クローソン・デイリー社】。

私が見学に訪れた日は天気にも恵まれ、空は青々と開け、いきいきと鮮やかに育った緑が広がっていました。牛や羊がのびのびと草を食べているのを横目に、どこまでも続く長い一本道の先に、同社の工場が現れます。

その敷地内は、赤茶色のレンガ造りの建物が続いていて、まるで一つの美しい街のよう。工場の繁栄とともに、その周辺も栄えたであろうことが伺えました。

徹底された衛生管理と原料へのこだわり

同社の工場見学では、衛生状態が厳しくチェックされています。
何度も消毒を重ねないと中に入れないのはもちろんのこと、メモをとるペンも工場内専用のものが用意されており、しっかりと管理体制が整っていることが伝わってきました。

まずは、ずらりと原料のミルクがたっぷり入った大きな桶が並んだセクションに案内されます。ここでは、地元の酪農家から毎日届く新鮮なミルクが、決められた温度で低温殺菌される場面を見せてもらいました。

▲毎朝、地元の酪農家から新鮮なミルクが届きます。
▲集められたミルクは、こちらの大きなタンクでしっかり管理されます。

スティルトンは、1ホールが「8kg」もしますので、これを作るためには、何と「17ガロン(78リットル)」ものミルクが必要になります。

そのミルクも、毎朝、一軒ごとにテストを行われ、そこで合格したミルクだけを使用しているのだとか。 また、距離の近い酪農家のものを使用しているため、新鮮なミルクだけを使用できるというメリットもあります。

また、全てのミルク、さらに製造途中の「カード」と呼ばれる段階、できあがったチーズの全てに、一つひとつ番号がふってあります。どこの酪農家からきたミルクなのか、どの製造ラインで作られたものなのかなど、全ての工程を正確にたどることができる完璧な追跡システムが採用されていました!

このこだわりが、おいしいチーズ造りへの第一歩でしょう。
スタッフたちも、この徹底ぶりを誇りに思っているそうです。

食を楽しむためには、衛生面での安心感が不可欠ですが、ロング・クローソン・デイリー社の徹底ぶりは、とても信頼できるものでした。

▲自社のこだわりについて熱く語るマーティン・ハリス氏。

次に案内されたスティルトン専用の熟成庫では、これまでと違い、熟成されたチーズの香りが立ち込めていました。

円筒型のスティルトンたちがずらりと並び、スタッフが丁寧に手作業でケアを施していました。チーズの全ての面を均等に空気に触れさせるため、熟成中のチーズをひっくり返してあげるのですが、その手つき一つにしても、ベストな熟成状態に育てていこうという愛情が感じられるのです。

▲丁寧にチーズのケアを施す職人
▲熟成庫に並ぶチーズ一つひとつに必ず番号がつけられています
▲ずらりと並べられたスティルトン
▲熟成中は、全て手作業でチーズを育てます。
▲熟成具合をチェックし、高品質のものだけ選ばれます。

こうして、9週間の熟成を終えたスティルトンは、最終のチェックを行い、それに合格した状態の良いものだけが、工場から商品として出荷されていくそうです。

数時間かけて、清潔な工場内を丁寧に案内してもらいましたが、ロング・クローソン・デイリー社のこだわりには、いたるところで感心させられました。

また、現在100周年の同社ですが、こんな長い視点で未来を描いていました。

「100年先も変わらずおいしいスティルトンを作るために、これからも、良質なミルクを搾ってくれる地元の酪農家たちとの信頼関係は大切にしていきますよ。」

伝統と革新の力が集う、チーズ造りの現場

100年前、12の酪農家からスタートした同社ですが、今では、地元の40を超える酪農家から届くミルクをもとに、約200名のスタッフがスティルトン造りに取り組んでいます。

驚いたのが、大ベテランの職人の方も多く働いていることでした!

また、イギリスのチーズ業者には珍しいことですが、若い職人も数多く在籍しており、古い知恵と新しいアイディアが合わさり、活力に溢れています。

その誰もがスティルトン作りに愛情と誇りを持って臨んでいて、味わいが素晴らしい理由が伝わってくるようでした。


▲手作業で作ったばかりのスティルトンを使ったブレンドチーズを見せていただきました!
▲50年間勤務したことで表彰をされた、コリン・ベイリー氏。

それでは、【ロング・クローソン・デイリー社】の可愛いポット入りの『ブルー・スティルトン・ジャー』は、いったいどのようにして生まれたのでしょうか?

『ブルー・スティルトン・ジャー』は何故ポット入りなのか?

『ブルー・スティルトン・ジャー』は、スティルトンを作る人にとっても、食べる人にとっても、理にかなったアイディアなんですね。

それでは、そんな逸品をどうやってお楽しみいただけるのか。
その食べかたについてもお話いたしましょう!

『ブルー・スティルトン・ジャー』の楽しみ方・・・食べごろなタイミングでどうぞ
バゲットやクラッカーに乗せて
ワインと一緒に
一番シンプルに、そしておいしく
お料理に使っても大活躍してくれます

そのまま食べておいしいのはもちろん、お料理への応用も効くところは、さすが"イギリスの名品"ですね。

そのまろやかで気品のある味わいも、気軽に家族や仲間と楽しめるポット入りという形状も素晴らしいんですよ。
ワイン会などにも最適で、他の参加者の方に自慢していただけること間違いなしです。

もちろん食べた後には、必ずや「おいしい!」と感動していただける逸品だと確信しています!

ご紹介のたびに、大変なご好評をいただく人気アイテムですし、
今回は 【無料ラッピング付き】です。

皆さま、どうぞお早めにお買い求めください♪

『ブルー・スティルトン・ジャー』の
販売価格はこちら!

「1個」でお買い求めなら…

3,200

「2個」のお求めなら…

6,400
6,080

「3個」のお求めなら…

9,600
8,830
商品レビューレビューを投稿
  • New icon01
    あき さん
    はまりました!
    最高でした!!
    焼いたしいたけに乗せて食べたのですが、そのままでも美味
    しいです。
    ポットもかわいいですし♡
    思い出したら食べたくなってきました(笑)
<全国一律>
クール便900円(税抜)
常温便650円(税抜) となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ