クリュ デュ ボージョレ

ボージョレは、
フランスの今のトレンドのど真ん中!

ヌーヴォーだけじゃない!
隠れた銘醸地 
クリュ デュ ボージョレ

皆さま、ボージョレと聞くと、真っ先に思い浮かぶのは、やはり、あの『ボージョレ・ヌーヴォー』ではないでしょうか。

しかしながら、ボージョレというのは、あくまでブルゴーニュ地方の最南地区の名前であり、
ブドウが造られているブルゴーニュ地方で栽培面積1位を誇る銘醸地なのです。

今、フランスでは『クリュ デュ ボジョレ』を飲むのがトレンドであり、
お洒落ということで大注目を浴びています。

ボージョレ・ヌーヴォーとの違いを知っていただくために、
まずは皆さまご存知の『ボージョレ・ヌーヴォー』の説明を簡単にさせていただきます。

『ボージョレ・ヌーヴォー』
とは?

その年に採れたブドウだけを使って造られる新酒です。
使用されるブドウは今回ご案内する『クリュ デュ ボジョレー』と同じガメイ種のみです。
毎年、11月の第3木曜日に解禁される日本でも大人気のワインです。

ボージョレ・ヌーヴォーは他のワインとは造り方が異なり、マセラシオン・カルボニック法という製造方法です。
『収穫したブドウを破砕せずに、密閉したステンレスタンクに詰めて二酸化炭素気流中に置く。その中でブドウを発酵させる期間も短く、色も鮮やかになり、美味しくなる。』そういった造り方をしています。

なので、熟成期間も短く、渋みが少ない、香りや色合いがよい
フレッシュでフルーティーな早飲みワインに仕上がります。
これが皆さまが毎年秋に楽しみにしているボージョレ・ヌーヴォーです。

それではさっそく、『クリュ デュ ボージョレ』の魅力をご案内いたしましょう!

ボージョレは、フランスの今のトレンドのど真ん中!!

ボージョレ、特にクリュ デュ ボージョレやランティニエ(ボージョレ ヴィラージュの一つ)は、
フランスで今イケてるワインとして注目を集めています。

流行の理由は、ブルゴーニュの値上がりがきっかけですが、ガメイの面白さに注目する人が増え、
また濃厚・パワフルワインから、自然派や軽やかなで香り華やか・味わいは滋味深いワインの流行が移るにつれて、
ボージョレの人気も高まっています。

日本でも、自然派ワインや日本ワインが飲まれるようになり、 ボージョレを受け入れる土壌はできているといっても過言ではありません。
そして、「クリュ・デュ・ボージョレ」はポテンシャルが高いので、長期熟成に耐えうるところも魅力です。

春から夏に美味しいワイン

ワインは大きく分けると、
春夏に美味しくなるワインと秋冬に美味しくなるワインがあります。

ボルドーやバローロなど、土やキノコを思わせるような、枯れていく方向に味わいが良くなるものは、秋冬タイプです。

逆に、ガメイのように、イチゴや花の香りなど、華やかな香りが広がるワイン、 そして味わいにフレッシュさを感じるものは、春夏タイプです。

ボージョレは、春夏に美味しく感じるものが多く、今からの時期が最も旬の時期と言えます。

ガメイ種

クリュ デュ ボージョレ&ランティニエがおすすめ!

クリュ デュ ボージョレが最高峰

ボージョレにはランクがあります。
クリュ デュ ボージョレが最高峰です!

クリュ デュ ボージョレには、もはやボージョレという名は付かず、 ムーラン ナ ヴァン、モルゴン、フルーリー、レニエなどの村名(ブランドのようなもの)が付きます。

畑ごとにしっかり個性を感じられるクリュ デュ ボージョレは飲み比べしても大変面白いです。

  1. 全て
  2. |
  3. タグ「クリュ・デュ・ボージョレ」の検索結果
3件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ